複勝・ワイド男

 14時30分投稿!複勝ワイドが多めの、【完全事前パーセンテージ公開型】の競馬予想ブログです。サイドバーの「競馬予想にあたってのルール」を是非ご覧下さい。

【解説】東京競馬場で当日に指定席を確保する方法 「どこで売ってる?」「何時に並ぶべき?」「見やすい?」

先日東京競馬場にて指定席で見て来ました。指定席は移動が楽で非常に良いですね。



当日販売で購入したのですが、「何時に並べば買えるの?」「どこ行けば買えるの?」と思う方がいると思いますので、写真など踏まえて説明して行こうと思います。



今回は正門で販売される、「5階指定席」について記載していきます。「6階指定席」を狙う方や府中本町駅を利用される方も、役立つ内容がありますので読んで頂けると嬉しいです。







指定席で参戦する際に気を付ける事5点+α






①寒さ対策


東京開催は11月や2月等に行われますが、寒い時期に行く際にはブランケット等防寒具を持って行く事を推奨します。



指定席にはS席、A席、B席、C席とありますが、屋内の席はS席のみで、他の席では屋外になります。



特にあまり歩かずに、基本は席に座っていたい方は、寒さ対策はきちんとした方が良いと思います。






②入場券の事前購入

当日券で指定席を購入する際に、より早く買う為に忘れてはいけない事があります。



それは入場券(回数券)の事前購入です。



まず入場券を持っていないと、開門前に入場券を持っている人と持っていない人で、列を分けられてしまいます。



勿論入場券を買うところから始まりますので、それだと時間が勿体ないですよね。



その際に便利なのがこの回数券です。


これは全ての競馬場の入場券売り場で売っていますし、全ての競馬場で使用する事が出来ます。



ちなみにウインズにも売っています。



使用期限などは無く、8枚1000円で販売されています。



入場券はバラだと1枚200円なので、記念入場券がいらなければ、実はかなりお得なのです。


回数券には切り取り線があるので、お連れの人に分ける事も出来ます。




③当日の指定席の購入は1人1枚

指定席を買う際に、友人等と一緒に観戦される場合は、必ず1人1枚で買わないといけません。


つまり誰か1人で同時に2枚を買って、分配をする事が出来ません。必ずお連れの方と一緒に並んで、一緒に購入してください。


購入の前にJRAのスタッフが「何名ですか?」と聞かれますので、きちんと事前確認をしてくれます。








④並ぶ場所(開門前)

ちなみに開門時間は通常9時に開門されます。


府中競馬場正門前駅から行かれる場合、改札を出て真っすぐ進んでください。


階段を下りる必要は無く真っすぐ進み、2階正門前まで行って下さい。先頭だとここで待機されます。


2階正門前の写真です。(帰り際に撮ったので、開門前だとここに沢山の人がいます)


府中本町駅を利用される方で、正門に並ぶ際には競馬場沿いを歩いてくる必要があります。








④並ぶ場所(開門後)

開門後は行き方の情報を知っていないと、出遅れる場合がありますので写真を多めに説明します。


正門から入ったら、まず「中央インフォメーション3階」が見えます。



そしたら右へ進みます。



100mぐらい歩くと、窓口付きの「TICKETS」と言うところが見えます。



そこで指定席の種類毎に列が作られていますので、間違いのないように並んでください。



A席もB席もC席も全てここで買えます。途中での売切れも考慮して、事前に決めておきましょう。



空席状況は窓口の座席一覧表で確認出来ます。写真は完売時の写真です。



席が余っていると、席毎にこの席証が座席一覧表に刺さっています。購入すると、その席証を渡されます。万が一の為に失くさず取っておきましょう。







⑤何時に並ぶべきか?

勿論大きいレースがある程早く行く必要はありますが、目安としては以下の通りです。


東京競馬場



重賞なし
午前中には東京競馬場着。又は売れ残る可能性も有り


G3開催日
9時00分 東京競馬場着


G2開催日
8時30分 東京競馬場着


G1開催日
8時00分 東京競馬場着
※ダービー、天皇賞秋、ジャパンカップは、当日販売なしの可能性高(JRA公式ホームページで、事前にお知らせがあります)


2019年共同通信杯が行われた日に、8時半着で東京競馬場に行きましたが、かなり余裕でA席を取れました。



ちなみに菊花賞等の、京都競馬場でG1が行われるけど、東京競馬場で重賞が無い時は狙い時です。

2018年のエリザベス女王杯が京都競馬場で行われた時に、自分は東京競馬場へ行ったのですが、その時は1割ぐらい最後まで席は余っていました。




+α 席の種類と内容

写真が揃っていないので、これは後々撮ったものを載せて更新していきます。

でもざっくりとした環境や見え方など記載します。



全席共通内容
・2席1組となっている
・1組毎にモニターあり(他開催を含むレース映像や、パドックやオッズ一覧が見れます)
・1組毎にコンセントあり
・禁煙(別で喫煙ルームがあります)




S席
・値段 3000円
・販売方法 ネット販売のみ。当日販売なし
・UMACA投票機あり
・ガラス越しになっていて、気温の影響を受けにくいです。



A席
・値段 2000円
・販売方法 ネット販売あり。当日販売あり
・UMACA投票機あり
・屋外の為、暑さ対策や寒さ対策が必要です



B席
・値段 1500円
・販売方法 ネット販売あり。当日販売あり
・UMACA投票機なし
・屋外の為、暑さ対策や寒さ対策が必要です



C席
・値段 1000円
・ネット販売あり。当日販売あり
・UMACA投票機なし
・屋外の為、暑さ対策や寒さ対策が必要です
・席がゴール板を過ぎた位置にある為、肉眼で最後の直線の争いを見たい人や、正面モニターを見たい人には非推奨です。



注意が必要なのはS席に当日販売がない事です。冬に当日販売で指定席を取ろうとしている人は、屋外が確定なので寒さ対策をして方が良いと思います。


ちなみにこれは先日A席から撮った写真です


詳しい座席数などは、JRAのホームページに書かれています。






+αそもそも指定席って必要?


これは人それぞれだと思います。それでも自分は指定席を取って良かったと思う事は何度もあります。



指定席では、パドックを見る為の移動が楽で混人が少ない。馬券投票機が空いているから、馬券の購入も換金もスムーズ。



自由席だと「席の取置きは禁止」と言うグレーのルールがあるけど、それが指定席では完全に無くなる。



そしてやっぱり混雑していないから、疲れないのが大きなプラスだと思います。



個人的に、一度A席かB席で観に行って試してみる事をオススメします。



それで良いと思えば引き続き利用して、そうでも無ければ自由席等を狙うのが良いと思います。



上から競馬場全体を観れるのは、これはこれで限られた人しか見れないので、楽しみが増えると思います。






以上今回は東京競馬場の指定席について記載をしました。


普段は毎週予想ブログを更新していますので、是非チェックして頂けると嬉しいです。


第1シーズン(20R予想)だけでは回収率130%越えをしていまして、予想記事のルールは下の記事の通りです。


皆さんの予想の参考になればと思います。


www.fukusho-wide-man.com