複勝・ワイド男

 14時30分投稿!複勝ワイドが多めの、【完全事前パーセンテージ公開型】の競馬予想ブログです。サイドバーの「競馬予想にあたってのルール」を是非ご覧下さい。

【レース回顧】オークス 1着ラヴズオンリーユー

 

桜花賞場不在で、オッズ的にも混戦模様だったオークスは、1番人気のラヴズオンリーユーが勝利し、無敗のオークス馬が誕生しました。

 

 

2年前に結構騒がれたDMMバヌーシーから、初のG1制覇となりました。そもそも重賞も初勝利だったはずです。

 

 

 

 

ではスタートから見ていきます。ラヴズオンリーユーはスタートがあまり上手い方ではなく、良く出負けをするのですが今回は普通に出ましたね。

 

 

 

そして最初の位置取りですが、ラヴズオンリーユーより内の馬のごちゃつきが無かった為、すんなり馬郡に入れる事が出来ましたね。

 

 

1コーナー侵入前に脚を使わず位置を見つけられたので、外枠の不安材料を即消してくれましたのが、勝因の1つと見ています。

 

 

ペース自体は1000m59.1秒と言う事で、オークスならこれはハイペースと言っていいと思います。

 

 

今回ジョディーとコントラチェックのどちらが逃げるかが、1つの鍵となりましたが、ジョディーが逃げてハイペースになるのは意外でした。

 

 

コントラチェックが馬郡に入れたくない為、「多少強引でも逃げたらハイペースでした」なら予想はしていました。

 

 

結果的には後ろからカレンブーケドールを捉えられましたし、ハイペースをモノにしましたね。

 

 

4コーナーでは、外目を回っていた事もって、特別に進路を狙いに行く必要が無く、自分の好きなタイミングで仕掛けを狙います。

 

 

直線では前が既に完全に空いていて、残り400mぐらいになってからムチを使い始めます。

 

 

カレンブーケドールの手応えがかなり良さそうでしたから、ここからはずっと全力追いでしたね。

 

 

内に寄れるところがあったのですが、デムーロ騎手が上手く他の馬と併せて、切れ込みを最小限に抑えています。

f:id:kabarai69:20190521031624p:image

f:id:kabarai69:20190521031635p:image

 

 

そして上がり最速の末脚を出して、最後はクビ差の勝利です。

 

 

2着のカレンブーケドールも内容でしたら、かなり強い競馬をしていますよね。

 

 

ハイペースで前にいたのに2着に残っていますし、流石新馬戦でダノンキングリーにアタマ差まで勝負した馬だと思います。

 

 

今回はハイペースと言う事もあって、レコード決着と速い時計が出たオークスでした。

 

 

特に上位2頭の内容は強く、秋華賞でも盛り上げて欲しいです。

 

 

自分の本命のだったクロノジェネシスは今回も3着だったので、秋での巻き返しを願っています。